関東のキャバクラで働くメリット・デメリット

関東のキャバクラで働くメリット・デメリット

キャバクラでの個別営業メールが大変だと感じているならば、サービス内容がハードになるもののセクシーキャバクラという選択があります。

セクシーキャバクラは、一般的なキャバクラにお触りサービスが追加されたものであって、店舗ごとにどこまでのお触りが許可されるのか変わります。

胸をブラの上から触るか直接触るかといった違いや、下のお触り有無といった違いだけでなくキスの有無も店舗によるサービス規定次第です。

一般的なキャバクラよりも時給計算で5割増程度となり、ハードサービスの店舗ほど時給計算で高くなる傾向にあります。

男性客は場内指名が出来るので、ダウンタイムと呼ばれる照明がやや暗くなるタイミングのみお触りサービスが行える店舗も少なくありません。

時給とサービス内容のハードさが比例すると考えて良いです。セクシーキャバクラで働くためには、場内での指名数がそのまま指名バックとして受け取れるメリットがあるので、稼ぎたいなら男性客へのアピールが欠かせません。

胸を触らせるだけでなく男性客に密着させる際には、バストカップ数が大きいほど男性客から魅力的に映るので容姿だけでなく巨乳ほど有利になるという一面があります。

バストサイズが標準ならば、キスや密着度合いで男性客へ積極的にアピールして指名数を稼ぐという点を意識しなければなりません。

セクシーキャバクラはお酒にさほど強くなくてもお触りサービスで男性客の満足度を上げられるので、トークは苦手でも体型に自信がある人ほど有利に働ける場所です。

宣伝=東京・関東の求人情報|人妻熟女風俗求人【R-30】

CARBETHHUTSをフォローする
関東風俗で働くことのメリット・デメリット
タイトルとURLをコピーしました